One Teamで力を合わせて未来へ。

会社・自治体の皆様全員がチームメンバーです。 それぞれのニーズ・レベルに合わせたサポートで、チーム全員を 未来に向けた戦力に。

ご挨拶

 コンサルティングオフィスFのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 飛行機で世界のどこにでも行くことができ、対面でビジネスをするのが当たり前だった毎日が、今年にはいってから、新型コロナウィルスの世界的流行によって、あっという間に変化しました。コロナウィルスの感染被害に遭われた皆様、ご家族の皆様には心よりお悔やみを申し上げます。また、日々前線でコロナウィルスと戦って下さっている医療関係者の皆様、私たちが日常生活を続けられるようお仕事してくださっているエッセンシャルワーカーの皆様に、心より感謝申し上げます。

 

 「ウィズコロナ」と言われる今、そして「ポストコロナ」や「ニューノーマル」とも言われる新型コロナウィルス対策が落ちついた後の未来においても、リモートワークを含めたオンラインのコミュニケーション・ビジネススタイルが主流になっていくと言われています。

 そんな中、世界共通のツールとして、コミュニケーションに圧倒的に多く使われている言葉が英語です。昔イギリスやアメリカが絶対的だった時代と違い、今は、英語人口の4分の3がノンネイティブと言われている時代。私たちが英語でコミュニケーションする相手は、私たちより英語が苦手な可能性もあります。これからは、直接会えないかもしれない相手と、誤解がないように、シンプルでわかりやすい英語でコミュニケーションしていく必要がより高まってきます。

 

 私が日常的に英語を使うようになって、30年以上たちます。アメリカで英語だけで生活していた時期、多くの企業に出向き、ビジネス英会話研修をしていた時期、外資系企業で英語で仕事をしていた時期、日本企業で英語を使うグローバル業務を担当していた時期・・・いろいろな経験を通して強く感じてきたのは、コミュニケーションに必要なのは、難しい言い回しや、ネイティブのような発音ではないということです。

 仕事の場も含めたコミュニケーションに必要なのは、いかにシンプルに、自分の言いたいことを、相手にわかりやすい英語で表現するか、困った時にどう切り抜けるか、そしてツール(昔なら電子辞書、今ならAI時代の機械翻訳ツールなど)をどううまく使うか、といった、トータルでの「英語自立力」です。これは、誰にでも、必ず身に着けることができます。


 また、仕事として英語を使うときに、まず大事なのは、チームとして取り組むということです。

 多くの会社や部署で、英語の仕事で問題があったり、海外とのビジネスを目標とするときなどに、まず取り組まれるのが、TOEICなどの英語テストの点数UPです。もちろん、英語テストの点数UPはいいことなのですが、忙しい中で時間を割いて勉強しても、残念ながら、すぐに仕事に役立ったり、仕事での問題の解決に結びつくとは限りません。

 英語で仕事をするチームがまずすべきこと。それは、チーム全員の現在の英語力と、どのメンバーがどのレベルの英語力を必要とするのか、という確認です。それをベースに、英語を使う基盤作りをしながら、それぞれのレベルとニーズに合わせた英語の研修をすることで、限られた時間とお金を有効に使うことができます。メンバーは研修で身に着けた英語力をすぐに仕事で実践できるので、自然に英語自立力がUPしていきます。英語をメインで使うメンバーだけでなく、その他のメンバーも必要な準備をすることで、全員が自信と安心をもって、One Teamの戦力として一緒に仕事をすることが可能になります。チーム全体の英語自立力がUPするだけでなく、メンバーそれぞれのやりがい・モチベーションもUPしていきます。

 

 コンサルティングオフィスFは、英語で苦労している皆様の、英語仕事を楽にするお手伝いをしたい、英語を使ったコミュニケーションを楽しんで、本来の力を発揮していただきたいという願いから、生まれました。

 ピンチはチャンスです。リモートワークが増え、時間の使い方が変わってきた今は、先行きの不安がある一方で、チームの英語自立力をUPして、これからの新しい生活やビジネスに取り組むチャンスでもあります。

 まずは、オンラインの無料コンサルティングにトライしてみませんか。お問い合わせをお待ちしております。

コンサルティングオフィスF

代表 吉田 わかな

コンサルティングオフィスFとは

コンサルティングオフィスFの “F” は

Feather ( 羽 : ネイティブアメリカンの 自由の象徴 ) の F
Future ( 未来 ) の F
Freedom ( 自由 ) の F

羽には、現状からの変化や出逢いの意味があります。もつ人の能力や長所を高め、飛躍させてくれるといわれています。

クライアントの皆様に、自分の英語を使えるようになる喜びや、仕事のフィールドがひろがる喜びを感じていただくこと。クライアントの皆様のご活躍を通して、社会に寄与すること。それがコンサルティングオフィスFの目指すところであり、喜びです。

代表プロフィール

アメリカ コロラド州立大学に在学中、現地法人で通訳・翻訳。

帰国後は、企業向け研修会社でビジネス英会話講師として多くのビジネスパーソンに研修を行う。その後、外資系企業で、技術者研修を含め英語を使った様々な業務に従事。

近年は、海外に多くの子会社を持つ日本企業にて、通訳 (同時通訳含)・翻訳・実務英語研修・各種マニュアルや用語集の作成・海外子会社社員の受け入れ・機械翻訳ツール導入・外部コンサルティング会社とのプロジェクトチーム一員としてグループ全体へのシステム導入プロジェクトを含めたグローバル業務全般を担当。

自分の言葉でシンプルに英語を組み立て、現場の言葉を整理してすぐに使えるようにする英語研修では、「人生で1番役に立った」「まさか自分に英語が使えるとは思わなかった」と、英語に後ろ向きだった現場メンバーたちから多くの好評を得る。


シンプルに言いたいことを英語で組み立てる力」+「英語基盤整備」で日本企業の英語自立力UPを実現するコンサルタントを志し、2019年4月にコンサルティングオフィスFを創業。執筆サポートをした、『自動翻訳大全』 (出版元 : 株式会社三才ブックス) が2020年10月に出版。 Amazonのビジネス英語本ランキングで1位のベストセラーになる。